身近に使われていることも多いOPP袋の持つ特性


引っ張っても伸びないOPP


日本人が日常から活用している素材は、本当に多岐にわたります。 その中でも、袋などに活用されているのがOPPです。 OPPとは何かといえば、Oriented Poly Propyleneの略になっています。 この頭文字をとってOPPとしているのですが、日本人の感覚からすると、略した時点でなんだかわからないものとなってしまうでしょう。 直訳してみると、2軸延伸ポリプロピレンフィルムとなるわけですから、余計にわからなくなってしまうのが当然です。

いったいどんなものかといえば、ポリプロピレンと呼ばれるプラスチックを縦と横に引っ張ってフィルムにしましたということになるでしょう。 透明なフィルムとして使えるところも大きな特徴となっています。 延伸することによって、強度を持たせることができ、これ以上伸びない状況を作ることができます。 これが大きな特徴ともいえるでしょう。 似ているものに、CPPがありますが、こちらは引っ張ると伸びる性質を持っているところに違いがあるのです。

このOPPフィルムを袋にしたものがOPP袋というものになります。

【関連記事】
OPP袋・OPP封筒の激安販売
A4・OPP袋/OPP封筒

ビニール袋に似ているようで異なる性質


OPP袋は、一般的なビニール袋とはちょっと異なるものになりますが、ほとんどは一緒にしてしまうでしょう。 ビニール袋と呼ばれているものの大半は、ポリ袋と呼ばれるものです。 レジ袋などでも使われることがありますが、これらはハイデンと呼ばれるようなポリ袋になり、OPP袋とは異なる素材でできています。

OPP袋は、非常に透明度の高い袋になっているところが特徴で、パリッとした手触りを持っているものです。 商品陳列に使う吊り下げようの袋をイメージするとぴったりとはまります。 DMにもよく使われており、中身が見える袋になっているでしょう。 透明袋などと呼ばれたりするのも、こうした透明性が売りだからなのです。

裂ける可能性もあるOPP袋


引っ張りに関しては強度の強いOPPですが、実は引き裂かれるのには弱い特徴があります。 だからといって、どこの部分も、そんな簡単に破けたりするわけではありません。 袋状にする場合、フィルムをカットしながら加工しますが、この時の接着部分が簡単に裂けてしまうのです。 これがOPP袋の持つ欠点ですが、重い商品を入れたり、強い衝撃を与えたりしなければ、そこまで気にするほどでもないのは、吊り下げ商品を見るとわかるでしょう。

使い方を考えていくと、透明性の高さと引っ張り強度の強さは、非常に有効であり、活用の幅が広いのがOPP袋の持つ特徴となっているのです。


INFORMATION

2016-02-01
本に付加価値を与えることができるブックカバーとしてのOPP袋
2016-01-26
身近に使われていることも多いOPP袋の持つ特性
2016-01-22
OPP袋の特性とは一体何か
2016-01-20
コレクターズアイテムを管理するのにもOPP袋が便利
2016-01-16
OPP袋を使ってDMの開封率アップを
2016-01-14
中身を見せることができるかどうかがポイントとなるOPP袋
2016-01-11
OPP袋が電気を生み出すきっかけになる可能性
ページのトップへ戻る